三島染色補正店は大切な和洋服のしみ汚れを100年殆ど変わらない薬品の数と手仕事だけの技術で落とすお手入れが自慢の店です。
経験豊富な職人三人が丁寧に納得のいく説明をさせて頂きます。百貨店等の下職をしていた関係から手入れ値段の高騰に疑問を持ち値段を高くせずを念頭に置いて仕事しております。
沢山の職人仲間に恵まれておりますのであらゆる悉皆に一流の対処が出来ます。
<Address:東京都千代田区内神田3-18-4>
<TEL:03-3252-6591>
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2017.03.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    撥水加工が通気性を損なう件についての検証
    0


      お送りいただいた布についての試験結果をご報告いたします。
      1.通気性試験結果
      。械検ィ苅磽蹇辛
      26.5cm/秒
      試験方法:JIS L 1096 A法(フラジール形法)1秒間に一定面積の試料布を透過した空気量を示します。数値が大きいほど通気性が良いことを示します。参考として、大変おおざっぱですが、羽毛ふとん側地などのように通気性の少ない生地では3cm/秒以下。T/C混ブロード12cm/秒、肌着綿ニット300cm/秒等の測定例があります。撥水加工された物は一越の生地で約3割通気性が低下します。

      2.吸水性試験結果
      。寡

      10分以上 
      試験方法:JIS L 1907吸水速度法(滴下法) 布表面に落とした水滴が布に吸収されるまでの時間を測定します。この結果から,砲篭い撥水性があることが分かります。

      3.加工薬剤の分析
      △良曚鬟ロロホルムで抽出した液を赤外分光分析しました。その結果、以下の様な吸光スペクトルが得られました。このスペクトルから、△良曚亡泙泙譴詈質は単一のものではなく複数の物質の混合物と考えられます。特徴的なピークからシリコーン系の油剤(撥水剤)とエステル系の油剤が主に含まれているのではないかと推察されます。前者は撥水加工に用いられます。後者は製織工程で用いられることがあります。この結果から、△良曚砲澆蕕譴諄水性はシリコーン系の撥水加工が行われているためではないかと考えられます。

      今回は普通の一越の生地を使い試験しました。これに袷だと目の詰まった胴裏が付き通気性はもっと低下します。表地が羽二重や綸子だとさらに低下。酷い販売店だと長襦袢にも撥水加工を薦めますからそうなると通気性など期待できませんね。着ている本人はムレて大汗をかくことになります。


       
      【2015.06.04 Thursday 11:03】 author : 三島正義
      | 様々な検証について | - | - |